M.Zuiko Digital ED 75-300mm F/4.8-6.7 II

こんにちは!Ziemaです。

レンズ沼に片足を突っ込みかけている私が、使っている機材を紹介する『レンズ沼コーナー』今回は…

鳥撮りに使っている望遠レンズ、やっぱりC-AFに対応していないのはつらいということで、あまり使っていなかったCanonのG3Xをお嫁に出しました。

幸い良い方に嫁がせることが出来て、新しいレンズの資金が出来ました。

そこで購入したのが、Olympus M.Zuiko Digital ED 75-300mm F/4.8-6.7 IIです。初めて買ったマイクロフォーサーズマウントのレンズになります。

このレンズ、どこの店でも品切れで、〇タ〇ラカメラの展示品をようやくのことで手に入れることが出来ました。

実際にパッケージを持った感想は「小さい」、「軽い」でした。これまで使ってきた、Zuiko ED 70-300 F/4-5.6と比べると、重さも、サイズも1/3になった感じです。

何よりE-M5 MarkIIに取り付けると、コンティニアスAF(C-AF)が使えるのです。
早速何時もの公園で試し撮りをしてみました。

M.Zuiko Digital ED 75-300mm F/4.8-6.7 II

まず被写体にカメラを向けてピントを合わせます。シャッター半押しを続けると被写体が動いてもピントは外れず常に被写体を追い続ける。今までにはない体験です。

上はこのレンズで撮った写真ですが、ちょこちょこと良く動くメジロもしっかりピントが合っています。

しかも、解像感もよくトリミングしても画像が劣化しません。最近のレンズはこんなにもよくなっていたんですね…😓

M.Zuiko Digital ED 75-300mm F/4.8-6.7 II

空の青も良い発色です。メジロや梅の花もzuiko 70-300では取れなかったシャッキリした画になっていますが、ちょっと固い印象もあります。

M.Zuiko Digital ED 75-300mm F/4.8-6.7 II

露出が良くないのかのっぺりした感じで質感が出ないような…
やっぱり白飛びを起こしているのか、結構アンダーで撮ったんですが。

M.Zuiko Digital ED 75-300mm F/4.8-6.7 II

予想をはるかに上回る性能にワクワクします。広角~標準ズームも買いたくなりました。

これで手持ちのレンズは11本になりました。これでまた一歩「沼」に踏み込んだZiemaでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です